お客様のご感想

たくさんのご感想を頂戴しております。
転載までお時間をいただきます。

福島市w様

お彼岸に納骨も済ませて来ました。
今頃天国で自由気ままに過ごし、たまにこちらを気にしてくれるといいなあと思っています。
私は自宅ではあちこちでクロを思い出しては寂しくなっていますが…。
昨年心臓周りに腫瘍が見つかり、抗がん剤と投薬で治療していました。今回はそれの影響もあったかもしれませんが、呼吸が苦しいという訳でもなく、食欲が落ち、食べても水を飲んでも吐き、考えられる治療をして頂いていましたが、昨年のように抗がん剤での劇的な回復も見られず、毎日病院に通い、家でも皮下補液を続けていました。
日々弱っていくクロにどうしてあげればいいか考えあぐねて、動物病院の掲示板にあったアニマルコミュニケーターのNayumiさんに連絡を取ってみることにしました。ちょうどその場にセッションを受けたという飼い主さんがいて、後押しされ試して見ることに決めました。メールで送ったクロの写真を通してセッション(?)して頂いており、
Nayumiさんを通してクロと話したような感じでした。
ヒーリングもお願いして正解でした。よく眠れたようで、具合悪化したのかと心配するほど休めたようでした。治療が嫌で(車に乗るのも注射も)隠れていたものが、隠れずに待っていてくれるようになりました❗これは今思うに、自分のためではなく、飼い主の満足いくようにさせてくれていたんだなと思います。
「ママのことなーんでも知ってるわよ❗」と小悪魔的にNayumiさんに言っていたようで、確かにそんな目でこっちを見てたような気がします。どんな仕草をすれば何でも許されるか知ってましたね~。
2歳になる中型のmix犬もいますが、クロのイメージはNyumiさん曰く「チワワっぽかった…」は?子犬の時のこと?となりましたが、後で思い出しましたが家に犬がいなかった時期に親戚が何度かチワワを連れて来ててキャンキャン吠えられてたことがあったんです。数年前のことでも覚えてたんですね。食べたい物好きな物も教えて貰いました。好きな物はそうだよね~というような確認でした🐈具合が悪くなってから 、亡くなる間際とか急にヒーリングをお願いしたりしてご迷惑を掛けてしまいましたが、巡り合わせというかやって頂けたのが不思議でした。私を待って静かに旅立ってくれました。
今まではもっとやってあげられたのでは等と後悔が多く、今回も無いわけでは有りませんが、クロの希望にも沿って家で看取ってあげられました。その時の状況も後でNyumiさんに苦しみの中で旅立ったのではなかったことを教えて頂きました。
まだ5歳という若さだったのに、あんまり可愛いから早く呼ばれちゃったのかな~というくらい柄はガチャガチャでしたがとーっても可愛かった。
またお願いすればNyumiさんを通して話ができる(伝言が正しい?)と思うと失った辛さ寂しさが和らぎます。
Nayumiさんとは、私もアニマルコミュニケーションを学んで、家の子達と話したり、癒してあげられたらいいのかな~と考えさせられた出会いでした。
またよろしくお願いいたします。
本当にありがとうございました。

 

ニューカレドニア在住
禅ちゃんと珠ちゃんママから、嬉しいご感想をいただきました。
ブログからお友達になり、体調を崩した時に継続してヒーリングを行い、セッションも何度も重ねている方です距離はあっても、それを感じないほど、親しくお付き合いさせていただいてますす
6870㎞を超えた愛

大ちゃんママさんにいつも大変お世話になっている南太平洋のニュ-カレドニアに
住む禅ちゃん・珠ちゃんの母から、ママさんのセッションとヒ-リングについてお話し
します。大ちゃんママさんに初めて禅ちゃん(現6歳)のヒ-リングをして頂いたのは去年の6月。
禅ちゃんが、いきなりご飯を食べなくなり具合が悪くなったからです。

ヒ-リングでママさんが感じられたことは、チャクラでいうと、第1,4,6で触れ、精神的ダメ-ジ
が大きいことをでした。第1は不安症、恐怖症、家族との絆、第4は悲しみ、喪失感、そして
第6は沈鬱感ということです。
その当時、私たち夫婦は毎日のように喧嘩をして大声を出していました。
それがどれだけ禅ちゃんの心と身体に悪影響を及ぼしていたのか、深く反省するとともに、
ママさんが家庭の不和を禅ちゃんから感じ取られたことに驚きました。
それからは、家庭内では大きな声を出さない、喧嘩をしない、という私たちの不和まで解消
して下さいました。禅ちゃんは大ちゃんママさんが大好き。「大ちゃんママ」って言っただけで、お耳ピクピクします。
そしてママさんのヒーリングで、ママさんとセッションすることをとても楽しんでいます。その後珠ちゃん(現6歳)がご飯を食べなくなり、またもや大ちゃんママさんのヒーリングのお世話
になりました。悪戯っ子の珠ちゃんに何があったのでしょう。

おしっこが出にくい、と珠ちゃんはママさんに言いました。ママさんが感じ取られたのは、お腹の中
にジャリジャリしたもの。それがその後の検査で腎臓結石だということが判明しました。
珠ちゃんは、腎臓結石から急性腎不全になり8日間入院していました。その後も何度もヒ-リングをして頂き、珠ちゃんもママさんとのお話を元気にラフに楽しんでいた矢先、
急性腎不全が慢性腎不全になり8日間再入院していました。
入院中も、ママさんが訪ねてくれて、どれだけ珠ちゃんは心強かったことでしょう。
そして私に「治療を焦らないで」とママさんを通して珠ちゃんが教えてくれました。
大ちゃんママさんが名付けた「一つになろう大作戦」。家族とたくさんのお友達と実践しています。
そして禅ちゃんがママさんにするご挨拶「敬礼!」。お友達の軍隊上がりのおじさんが、いつも
禅ちゃんにするご挨拶です。気持ちのいい挨拶ですよね。
大ちゃんママさんは、私やパパの歩き方まで感じ取られ、優しいお心遣いをアドバイスして下さいます。
遠く離れていても、私たちの家族同然な大ちゃんママさん、まさしく距離を超えた愛としか言いようが
ありません。いつも本当にありがとうございます。お礼の言葉も見つからないくらい感謝しています。
どうぞ、大ちゃんママさんのアニマルコミュニケーションで皆さんの可愛い家族の心の声を聞いて下さい。
tamazenmamanさん(ニューカレドニア在住)

 

モコが私を彼女だと思っているとお聞きして、とってもビックリしました。
でもお話を聞いた日からまた違う目でモコを見れるようになりました。
私の性格もやっぱりしっかりわかってるんだなーと思い、ますます、一緒にいる時間を大切にしようとおもいました。

やはり飼い犬の気持ちを知ると嬉しく楽しくなります!
どういう感情でいるのかを知ってその時の接し方も変えようと思いました。

個人的にとても嬉しかったので友達にも紹介してわんちゃんとの愛情を深めてほしいなと思いました。

(福島市内S様/わんちゃん)

 

だから彼はもっとそばにいたくて必死でがんばってくれてたんだとおもいます。
彼の望みって何だろう・・・どうしてほしいと思っているのだろう。
私のしていることは彼を苦しめているだけではないかと・・・ずっと悩んでました。
彼からは生きることへの執着のようなものを感じたといわれ、私は彼のがんばりを応援しているのだと気持ちを強く持てました。
私も諦めない。絶対に。
(Y様/ねこちゃん)

 

そして、大福ちゃんは、おひざの上に乗って柔らかなイメージで大ちゃんママさんに色々なことをお話してくれたことを聞き、なついてくれないって思ってたけど本当は、凄い甘えん坊さんで、寂しがり屋さんで
、なき虫さんだって事を知りました。「もう、どれくらい一緒に居ると思ってるの?」大福ちゃん思っていたんですね。ご飯を上げるときのお皿も(>_<)怖がってサッとおいてサッと片す私の行動を大福ちゃんが見てそう思って。
全くなついてくれていないって、私が決め付けていたけど、実は大福ちゃんの方は私に仲良くなる、触れるチャンスを何度もくれていたんだなって、大ちゃんママさんからお話しを聞いて思いました。お互いが本当は仲良くなりたいのに、それは最近の大福ちゃんを見ていても凄い感じます。それなのに距離があるのは、大福ちゃんじゃなくて私しだい。私の問題なんだなって感じました。

マーマレード寝子様 ねこちゃん 千葉

 

昨日は、素敵ななっちゃんとのアニマルコミュニケーションを受けさせていただきましてほんとうにありがとうございました!
心配しなくていいんだと私もなっちゃんの冥福っぷりにホッとしています。
やはりなっちゃんはこんなにも小さな動物さんなのに何でもお見通しだったんだと驚いています。
大ちゃんママ、なっちゃんから教えていただいたように私へももちろんそうですが息子のことはもうそのまんまで、なるほどね(笑)彼女の紹介!一度だけ軽く挨拶したのですが、息子がどうなるか楽しみです。
きれいなきっちりした娘さまでした。なっちゃんも見てたんだ、さすがなっちゃん。
そしてなっちゃんは新しい扉を早くも開けた!のです。
大ちゃんママから素晴らしいアニマルコミュニケーションをしてくださったことで私自身も前に進めそうです。
この度は愛のある素敵なセッションをありがとうございました。
優しさ溢れる大ちゃんママさまへ感謝申し上げます!

今回私にいただきましたようにこれからも多くの動物さん&飼い主さまのお力になってさしあげてくださいませ

Mi様 フェレット、京都

 

きなこは亡くなる少し前からお別れしてたんだなって思うと涙が出ました。電車の中で泣いていたこともきなこにバレてた、病院で大泣きした事もいてたんだって思うとまた涙が出ます。
パパちゃんに渡してほしいって言ってた物は「毛玉」だったようです。母に聞いたら、毎日毛玉を見て、ほしいといっているそうです。
早速毛玉をさわってました。
きなこの気持ちを聞いて、背中を押されたような気がします。見ててくれるって事が嬉しかったです。

きなこが側に居ると信じて、話しかけて愛を伝えていきたいと思います。
バイクに乗って愛に来てくれるかな?バイクはきなこを保護してくれたボスが大好きな乗り物です。
本当にありがとうございます。

A様 ねこちゃん

 

 

 

あんなに心揺さぶられ、大泣きするとは思いませんでした。
アビの言葉が優しくて嬉しくて・・・。
人生でアビと関われたことが本当に本当に嬉しくて胸がいっぱいになりました。
嬉しすぎて涙が止まらずなきながら寝ました。
ウタが添い寝してゴロゴロ言ってくれて・・・
ありがとうといいながら寝ましたよ。

動物って偉大ですね!

東ウロコ様 茨城

 

帰って、だいちゃんママとお話楽しかった(?)と聞いたら私の顔をジーっとみてました。
どうして知っているのと言わんばかりです。

冬の間一度もはいらなかったボアの暖かハウスに昨日から入るようになりました。

少しの音にビクビクしたり、臆病なルルちゃんと思って心配ばかりしてたのに、おかげさまで安心に変わりました☆
それどころか、頼もしくさえ見えます。

福島市内、T様 にゃんこ

冬の間一度もはいらなかったボアの暖かハウスに昨日から入るようになりました。

少しの音にビクビクしたり、臆病なルルちゃんと思って心配ばかりしてたのに、おかげさまで安心に変わりました☆
それどころか、頼もしくさえ見えます。

福島市内、T様 ねこちゃん

 

セッションしてもらってから、こまめもしっかり考えを持っていると思うと、きちんと言葉で気持ちを伝えないととおもえました。
前より、近くなった感じがします。
色々わかっていると思うと、いい加減なことも出来ませんね(笑)
私は今朝も時間ギリギリで大慌てで出かけました。また。こまめに、心に風を通してと言われそうです(笑)

O様 わんちゃん 福島市内

 

ヒーリング後シッコの回数が増えたのでホーッすごいなぁと実感

痩せていくたまを心配してましたが、特に不調はないとわかり安心

ボケたのかとも思ってましたがトトや琥珀ちゃんにイライラしてたのがわかり納得

ダーリンと親分のことは良く見てるのね。恥ずかしいことばらされなくてよかった

Y様、北海道 ねこちゃん

 

2人で電話を切った後に泣きそうになりました。
特に大ちゃんママからのミコの感謝の気持ちを聞いたときは、嬉しくて感動しました。
人の口を介しての言霊、本当にあるんですね。
ちゃんと、ミコをまっすぐに見て、これからも大切にしていきたいとおもいます。
私の中で、何かが弾けたような気がします。
当たり前ですが、家族があって仕事ですもんね。
身体をいたわり、健康第一でこれからは生きて生きたいとおもいます。

A様、福島市

 

聞いてみたかったことが聞けて、まえよりあんちゃんの気持ちがとても身近に感じられて嬉しかったです。今回、やっていただいて、本当に良かったと思っています。

初めに、大ちゃんママは電話で写真では首輪をしてないのに赤い首輪といわれてとても驚きました!!
あと、あんちゃんの気持ちを教えてもらえて、また、一段と愛おしく思えました。
旦那さんにも話したらとても喜んでました。

I様、福島市内 ねこちゃん

 

ほんとにビックリする事が多かったですが、ムーンがうちに来て良かったとわかって安心しました。
本当に家族みんなのことを良く見てくれているんだなぁと思いました。

パパのことも伝えたら、当たってるなー、ムーはわかってるなーといってました。
ほんとに私がナデナデするときとパパがナデナデするときのムーンの顔が全然違うんですよ
パパだと気持ちよさそうに目をつぶり、じっとしています。
口調のことは、いやいやママのほうが強いでしょうが!といわれてしまいましたが(笑)

子供たちはムーンがケンカしてほしくないと思っているよと伝えると前よりはケンカが少なくなりました。
今考えると、二人で遊んでいても間に入るようなそぶりをしたり、寝る前も長女の部屋、次女の部屋を行き来していたのは、ちゃんとしつけしたいがために観察しているかな?と思ったり・・・

でも一番はやはり家族の一員としてみんなの役に立とうとしてくれていると言うのがビックリで、ちゃんと猫にもそういう気持ちがあるんだというとオトナなムーンちゃんに感動しました。

あのあとみんなさらにたくさんムーンに話しかけることが多くなりました。
本当にありがとうございました。

伊達市内、S様

 

こちらは、写真公表許可(享年12歳8ヶ月)
H様は、愛犬を亡くされてから、通院や治療について、あれで良かったのか?あのときこうしていたら?と、様々な後悔にさいなまれていました。
H様の悩みは全部思い過ごしばかり、そんなことに思い煩うのは、もうやめてちょうだい、ネガティブになりがちなH様に、もっと気持ちの切り替えが上手になるといいね、前を向いてとのメッセージをお伝えしました。
セッションにより、胸につかえていたものが落ちた、ネガティブやめます、スッキリしました、と仰っていただけたのが、私もうれしく安心しました
お会いできて良かったと思ったです。
亡き愛犬に出来る限りの事をしたと
思ってても後から後から
「あの時にこうしてれば、ああしてたら」
後悔ばかりが頭をよぎって苦しかった。
話を聞きながら気持ちが楽になりました。
明るく前向きに亡き愛犬に心配かけないように
日々の生活を大事にしていきます。
文章書くのが苦手なので上手な表現が
できないけど、家族で笑顔で供養する事が
亡き愛犬も安心するのだと思えました。
ありがとうございました。
福島市内 H様

あの日は久しぶりに。あづま運動公園に散歩に行きました。

ひなたが久しぶりにリードを引っ張って歩いてました。まだ元気だよって言っているようでした。

その後も夕方帰ると、玄関まで出てきて待っていてくれたり(夫の時も)、車の音に反応して吠えたり、以前のようになっています。

穏やかな顔をしているように思います

親バカかもしれませんが、あの後からひなたと家族の気持ちが繋がったようで、嬉しかったなっています。
本当にありがとうございました

福島市内 K様 わんちゃん

 

こちらはリピーターさん
2匹の兄弟にゃんこさんのAC体験談
3部に分けてご感想いただきました
 1  お粗相編
 2  行方不明編
 3 病気予知編
1 お粗相編
 兄弟でお迎えし、家に来て半年程たった頃
羽布団におしっこをされるようになり、困り果ててのセッション依頼。
 (団ちゃん):僕じゃないよ!勘九郎だよ
(勘ちゃん):僕だよ
と、素直に自白。悪いこととは思ってなくて、フワフワお布団が気持ちよくてしていたとのこと。
私は、どちらがしてるのか限定できずにいたので、叱らずに黙々と洗濯していました。
お母さんがとっても困っていると話してもらえ、それ以来深く反省して、お布団にはしないと約束してくれ、そこからおしっこ事件はなくなりました。
2 行方不明編
 動物は予知能力が優れてます。行方不明になる前日、大ちゃんママに、助けて❗とテレパシーで伝えに行ったそうです。だから捜索依頼の電話をしたときに、団ちゃんに何かあったんですね?と、いきなり言われてビックリしました。
  早朝5時、火事のけたたましいサイレンを聞き外に飛び出した団ちゃん
一向に戻らず16時間後の夜9時にセッション依頼
今は農家の納屋に潜んでいると。玄関先には、いつも使っているトイレを置くように言われ、そのようにし、夜中1時に玄関に座ってる団を息子が発見しました。
セッションでビックリしたのは、逃げた先の風景が見えたそうで、高いコンクリート塀や畑には木のような細いススキ等、言われた通りの風景がそこにはありました。
そうでして勘が、ガードマンのように勝手玄関に座って待ってる姿が見えるとも言われたのですが、そうなんです、ずっとそこに座って、勘は待ってるんです。セッション中は、耳を立てて聞いています。見たことのない表情で、テレパシーで会話してる姿を見ました。
おかげさまで、無事帰ってきてくれて安堵しました。
3 病気予知編
 大ちゃんママに団の写真を見せたら、お父さんの体を心配していると言われました。
健診を終え、三重県に単身赴任の見送りの時のことです。
一週間後、夫から、実は健診で初期癌の告知を受けていたが、家族に秘密にして来てしまったと告白されました。
団は、いち早くお父さんの病気を知っていて心配していたのです。
以上、何度も大ちゃんママのアニマルコミュニケーションを体験しましたが、奇跡をまのあたりにし、唯々驚き、何を思っているのか気持ちが聞けて、お互いの思いが伝わるって凄いことだと思います。この出逢いに深く感謝しています
w様 二本松市

 

最初にみてもらってわかった事は
我が家のマロンは、心配性だという事。
色々あった我が家でしたが家族それぞれをちゃんとみていてくれて心配をしていた。

家族として13年。
癒しをもらっていたと思っていたけれどそれはこっち側の勝手な思いだったようです。

なんでもわかっている事を知ったので、その後は可愛がるだけではなく、一緒にいろんなことを乗り越えてきたように思います。

これからもみんなで楽しく明るくすごせればいいなぁ。と思っています!

福島市内 S様

この1年はしんどいことばかりで、思い出すのも辛くて、なかなか整理がつきませんでした。

そんなしんどい時期を支えてもらったのが、アニマルコミュニケーション、ヒーリングだと思います。

まおがどう思っているのか、何をしてほしいのかを、大ちゃんママさんから聞いてもらい伝えてもらって。

心くじけてばかりの時も、なんとか乗り切れたんじゃないかな、と思います。

他の猫たちも、私がまおにかかりっきりでかまってあげられなくて、どう感じてるのか、思ってるのかがとても不安でしたが、それも同時に聞いてもらい、ずいぶん安堵したり元気をもらったり

態度を見てたらだいたいのことはわかるように思うけれど、でも、その確信はもてず、そういうのを橋渡ししてもらったように思います。

埼玉県 虹の橋の猫ちゃん  koro様